Acustimantico レビュー③

『ディスクナンバー4』 ~アクスティマンティコ 4thアルバム

イタリアで生まれた民族音楽の混血 ~ 『ディスクナンバー4』 レビュー ~

みなさんはこちらの楽器をご存知でしょうか? ジューズ・ハープといって、写真で見る細長い部分を口くわえて、いちばん右のでっぱりの部分をひっぱっ て放すと、口の中がギターホールになる仕組みで、「ビヨーン」という音がします。舌や唇の動かし方によって、さまざまな音の変化が楽しめる優れもの。14 世紀ごろユダヤ人が広めたのが起源とされていますが、アジアにもジューズ・ハープ文化があって、日本では、楽器屋さんのレジの横などでよくお目にかかりま す。イタリアでも古くから伝わっており、名前はスカッチャペンシエーリ(scacciapensieri)。「思考を追い出す者」という意味です。なかな かファンキーなネーミングセンスですが、イタリアの中で、特にこの楽器と関わりが深いのがシチリア地方です。その土地の言葉では、マッランツァーヌ (marranzanu)と呼び、民族舞踏に使われていたとか、はたまたマフィアが連絡用合図に用いたとか言われています。

 4曲目『F』では、そのスカッチャペンシエーリが用いられています。奏者はサックスのマルチェッロ・ドゥランティ(Marcello Duranti)。彼はその他さまざまな色モノ楽器を扱いますが、どれも楽曲にすばらしい効果をもたらしています。さて、スカッチャペンシエーリを楽曲に 用いてるという事実を取り立てて言いたいのは、このメインにはならない小さな楽器が、彼らの音楽性を実によく表していると思うからです。彼らは民族音楽に 傾倒しているようで実に無国籍です。『F』もまた、曲調は夕陽が似合うウェスタン風なのに、不思議とシチリアで広まった民族楽器がマッチする。つまり伝統 的なのにハイブリッド。でもそれにはまったく違和感がなく、「アクスティマンティコが確立した音楽」として、自然と耳に入ってきます。

 

 全編アンプラグドで演奏されているこのライブ盤は、そんな彼らの魅力が、もっとも体感できる一枚ではないでしょうか。ざっと聴いただけでもイタリア、 スペインのポップスからロマ音楽、北上して東欧民族音楽、はたまた2曲目『ラガニーツァ』(Raganitza)は、真空チューブのノイズから始まるイン ストナンバーで、どこかインドっぽい神秘的なテイストがします。サウンド面だけから聴いても、いくつもの発見がある名盤。アクスティマンティコ音楽を味わ う上での導入には持って来いで、そして同時にその魅力の極みでもあるのです。

<文:ハムエッグ大輔>

Acustimantico / Disco Numero 4 『ディスク・ナンバー4』 (2005年)
http://www.osakadoughnutsclub.com/musica/img/disc_acustimantico_4S.jpg 
1. Canto del telaio del cielo/ 空の機織りの歌(6.59)  視聴する♪  
2. Raganitza/ ラガニーツァ(5.53)  視聴する♪  
3. Lotta di classe d'amore/ 愛の階級闘争(2.52)  視聴する♪
4. F/ F(3.50)  視聴する♪
5. Alfonsina y el mar/ アルフォンシーナと海(5.09)  視聴する♪
6. Cose da fare/ たくさんの用事(4.28)  視聴する♪
7. Radio/ ラジオ(5.21)  視聴する♪
8. Les anarchistes/ アナーキスト(3.32)  視聴する♪
9. Fiori di loto/ 蓮の花々(4.39)  視聴する♪
10. Questo è quanto/ 以上のとおり(4.08)  視聴する♪
11. La canzone dell'equilibrio/ 均衡の唄(5.14)  視聴する♪

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 税抜価格
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Kyoto Doughtnuts Club : Quasi tutti i diritti reservati